連帯保証人の代わりに|賃貸物件から利益を得るためにリロケーションしよう

賃貸物件から利益を得るためにリロケーションしよう

スーツの人

連帯保証人の代わりに

メンズ

どこの不動産会社でも、賃貸契約を行なう時は連帯保証人が必要になります。連帯保証人とは、賃貸契約を行なう人が家賃を滞納した場合など、万が一の時に責任を取る人のことです。しかし、最近ではその連帯保証人を立てることが難しい人が増えていて、賃貸契約を行なう際の妨げになっています。そこで賃貸保証会社があるのです。賃貸保証会社は賃貸契約を行なう人から手数料を得ることで、連帯保証人の代わりとなるサービスです。借主が家賃の滞納などを行った時は、この賃貸保証会社が借主に代わり貸主へ立て替え払いを行なうもので、代位弁済といいます。賃貸保証会社が立て替えた分は、後日借主に請求されます。連帯保証人を頼みづらい場合や、身寄りのない高齢者、また一人暮らしを行なう世帯が主に賃貸保証会社を利用しています。賃貸保証会社の登場により、貸主側にとっても今まで連帯保証人が不在のため入居を断っていた場合でも、賃貸保証会社と契約してもらうことで空き部屋を埋めることができるようになりました。万が一借主が家賃を滞納した場合も、賃貸保証会社が貸主に代わって立て替え払い、そして立て替えた分の回収を行なってくれるので、借主との間にトラブルが起きないことも特徴となります。賃貸保証会社への支払う金額は、会社によって代わってきますが家賃の半月分や、家賃の30~60パーセントのところが多いようです。継続して賃貸保証会社を利用する場合は、初回の契約時よりも安く設定されることもあります。借主にとっても貸主にとっても、賃貸保証会社を利用するメリットは大きいといえるでしょう。